名鉄岐阜市内線の思い出 本線(長良線)

今回は1986年(昭和61年)まで 岐阜市内線の内、新岐阜と長良北町を結んでいた本線の部分を紹介します。

私がよく利用した線です。小さい頃、柳ヶ瀬に丸物(後に 岐阜近鉄に改称)というデパートがあり、そこに行くために新岐阜から柳ヶ瀬まで、母親に連れられて乗った記憶があります。北陸鉄道金沢市内線から来た 550型という電車ばかりで、扉は車掌さんが開け閉めしていました。

f:id:hrksgai3:20180727235744j:plain

当時の柳ヶ瀬は岐阜一の繁華街でした。後に西側に高島屋ができました。

南にはグランドタマコシという感じで、次々と店舗が出来ました。

最後のほうは 新岐阜始発が多かったのですが、1960年代はほとんどが岐阜駅前始発。市内線で唯一安全地帯があった電停です。

f:id:hrksgai3:20180728201617j:plain

おわかれ電車のころの新岐阜駅前。左へ伸びる線は、長住町にあった岐阜車庫へ通じる線でした。この線はまた、各務原線へ通じていて、貨物扱い用でしたが、最後は留置線扱いでした。

 

f:id:hrksgai3:20180728202054j:plain

金宝町ー徹明町間の かに将軍あたりを走ります。最後の頃は伊奈波通までが半数折り返しだったような気がします。

 

(本町までの写真はありません)

本町(ほんまち)

f:id:hrksgai3:20180728202553j:plain

伊奈波通を過ぎると道路が狭くなり、90度曲がったところが、本町。どこにでもありような名前です。前の布団店が、レトロでした。

 

材木町(ざいもくちょう)

f:id:hrksgai3:20180728205459j:plain

f:id:hrksgai3:20180728205523j:plain

本町をまた90度曲がると、材木町です。長良川の材木商の大家が並んで、レトロでした。

 

公園前(こうえんまえ)

f:id:hrksgai3:20180728213252j:plain

f:id:hrksgai3:20180728213330j:plain

平凡な名前ですが 岐阜公園の電停でした。背後は金華山岐阜城が見えます。この公園から金華山までロープーウェイがありました。学生の頃、妻とここまで電車にのって、金華山へのぼって、リス園でリスと遊んだことを覚えています。

本町からこの区間までは交通量が多い割りに道路がせまいので、奥の岐阜公園前の交差点から右に走って、本町まで走る道があり、次の長良橋から渡って南行きの、バスを除く自動車は、ここを通らず直進して、本町で合流する道を走ります。このため本町からここまでは、車は北行きの一方通行です。

 

長良橋(ながらばし)

f:id:hrksgai3:20180728214151j:plain

公園前から90度曲がって北へ行くと 、長良橋 長良川にかかる橋の中で、一番鵜飼で有名な橋です。

 

f:id:hrksgai3:20180728214215j:plain

最後は560型も走っていました。

電車の広告に「ぜにや」があります。柳ヶ瀬にある有名な老舗の乾物屋で、ここの鰹節や海苔は有名です。もう1つ「起き上がり最中」がありますが、これも徹明町にあるお菓子屋さんです。

橋のたもとから下流にかけて、昼間は鵜飼船がずらりと並んでいます。

長良川もこのあたりは二重堤防になっていて、両岸とも外提坊、内堤防があります。

内堤防は低く作ってあるので、長良川の水位が増すと外堤防と道路が交差する場所は扉で仕切られていて、水位が高くなると扉が閉まるようになっています。 しかし河畔の

ホテルや旅館は、内堤防沿いに作られていて、水が入ってしまうことになってしまいます。

 

長良橋を渡ると、鵜飼屋、長良北町で終点です。終点を降りて、移転前の岐阜大学の教養部にいった覚えがあります。

昔は この北を 専用軌道を走り、山形市(旧高富町)まで走っていました。

 

f:id:hrksgai3:20180728220045j:plain

 

f:id:hrksgai3:20180728220101j:plain

岐阜市内線があったころ、ワンデーフリーぎふ というフリーきっぷがありました。

新一宮、新名古屋などからの発行もありました。

 

f:id:hrksgai3:20180801220443j:plain

きっぷの中に 名鉄バスの記載がありますが、これは電車の廃止代替バスで、高富から長良線に沿って、新岐阜、岐阜駅前を通り、北進して千手堂から西鏡島まで走っていました。唯一の名鉄バス路線でしたが、現在は岐阜市営バスともに岐阜バスに移管されています。

名鉄起線

名鉄起線(おこしせん)は名鉄一宮駅(現 名鉄一宮駅)と 一宮市(旧尾西市)起を結んでいた約5.3kmの路面電車です。当時の起点一宮駅は 以下の地図の通りです。

 

f:id:hrksgai3:20180721160813j:plain

青色の線は、廃止された線です。一宮線は 岩倉までを結んでいた線です。こちらは専用軌道でした。一宮市尾西市に当たる地区は、明治から繊維産業が盛んで、工場が増え、輸送需要も増えました。当時は馬車が車も人も主な交通手段だったので、電車を走らせようと考えたようです。大正時代に今の一宮線が開通し、名古屋まで電車で行けるようになると、今度は起まで、走らせようと考えます。

1924年大正13年)開通させました。

f:id:hrksgai3:20180721161649j:plain

f:id:hrksgai3:20180721161717j:plain

路線と電車です。停留場が10 停留場の間隔が平均500m。尾西線を一部借りて新一宮駅から出ていました。当時の新一宮駅は、尾西線と本線の貨物扱いもしていたので混雑したと思います。

日中事変(1930年代)から戦中戦後以降、輸送人員が次第に増加しました。交換設備も増えたのですが、単線ですので、輸送力が限界になりました。道路が狭いので、複線化も出来ません。1950年代後半になると、バスが大型化し、電車より1台あたりの輸送人員が大きくなりました。また尾西線が600Vから1500Vに昇圧したため、起線は新一宮に入れなくなり、八幡町が始発になりました。名鉄は電車を廃止しバスに切替、増発する方針に切り替えます。

地元は反対しましたが、テストの結果、賛成するようになりました。1953年(昭和28年)廃線になりました。 道路が未舗装で、まだ馬車が走っていた頃のことです。

 

名鉄美濃町線の思い出、編集中(その13)朝の運用

朝の美濃町線は日中とは違う運用がありました。

f:id:hrksgai3:20180711221615j:plain

市ノ坪から出庫した電車が870を従えて続行運転で、競輪場前までやってきました。

 

f:id:hrksgai3:20180711221845j:plain800型の続行運転です。後ろの新岐阜ゆきの電車は新関からきたもの、前の徹明町行きは回送で出庫して野一色で始発となったものです。

 

f:id:hrksgai3:20180711222246j:plain

800型は徹明町で折り返して、新関行きとなり、競輪場前で590型と交換しています。

 

f:id:hrksgai3:20180711222451j:plain

600型は606以外、廃車になりました。この電車だけワンマン化されて最後まで走りました。

名鉄美濃町線の思い出、編集中(その12)新岐阜ー市ノ坪

なかなか写真がないので、新岐阜から美濃町線を出発します。

 

新岐阜(しんぎふ)

f:id:hrksgai3:20180705194602j:plain

f:id:hrksgai3:20180705194531j:plain

新岐阜(現在の名鉄岐阜)は名古屋本線各務原線、それに美濃町線が出発していました。本線は階段で2階に連絡しています。

 廃止時点で美濃町線を含む600V線は磁気カードであるトランパスSFパノラマカード)に対応していなかったので、中間改札機を通るか、精算所を通る必要がありました。

 

f:id:hrksgai3:20180705195006j:plain

f:id:hrksgai3:20180705195047j:plain

一応低床ホームになっていました。1500Vです。

 

f:id:hrksgai3:20180705195252j:plain

駅の端で各務原線に乗り入れ、田神駅へ向かいます。各務原線内は当然複線で、ここで行違いをしていました。

 

名鉄美濃町線の思い出、編集中(その11)競輪場ー徹明町

金園町9丁目(かなぞのちょう9丁目)

f:id:hrksgai3:20180705201710j:plain

単線区間でした。9丁目電停の東側だったか、西側だったか覚えがありません。

 

梅林(ばいりん)

 f:id:hrksgai3:20180705202011j:plain

単線から複線に変わる電停でした。以前は駅事務所がありました。

 

 

金園町4丁目(かなぞのちょう4丁目)

亡父の実家の前でした、

 

f:id:hrksgai3:20180704192433j:plain

4丁目電停東側の591号車です。1974年 当然ですが、クーラーはついていません

信号機のある交差点が、県道1号線(旧国道22号線)と交わるところ。美濃と尾張への街道の接点で、昔から交通の要所でした。

 

 

徹明町(てつめいちょう)

美濃町線の起点・終点です

f:id:hrksgai3:20180704192729j:plain

f:id:hrksgai3:20180704192759j:plain

1986年 長良線の廃線以降、単線化されていました。この先は交差点を市内線に真直ぐ繋がっています。

 

f:id:hrksgai3:20180705180721j:plain

f:id:hrksgai3:20180705180737j:plain

f:id:hrksgai3:20180705180750j:plain

末期はこのように510型の臨時電車が、市内線に乗り入れていました。

 

 本来なら市内線に乗り入れて新岐阜に向かえばよいのですが、カーブがきつく、できませんでした。田神線が開通後、各務原線に乗り入れて、新岐阜へ向かいます

次回は 新岐阜へ向かう方面です。

 

 

名鉄美濃町線の思い出、編集中(その10)競輪場前

競輪場前(けいりんじょうまえ)

 

競輪場前はややこしいので、ここで1つにまとめます

f:id:hrksgai3:20180704190151j:plain

交差点東側に駅舎をかねた指令所がありました。

 

f:id:hrksgai3:20180704190308j:plain

交差点の南に新岐阜側の交換施設がありました。また西側に徹明町側の交換施設がありました。

 

f:id:hrksgai3:20180704190621j:plain

新岐阜側の交換 関行き 続行運転です。

 

f:id:hrksgai3:20180704190808j:plain

新岐阜南側の交換風景 593号車がいるのが珍しい

この線はもとは市ノ坪への車庫の入出庫線でしたが、美濃町線新岐阜乗り入れに伴い田神線となって交換設備が作られました。

 

f:id:hrksgai3:20180704191249j:plain

f:id:hrksgai3:20180704191318j:plain

徹明町側の交換風景

通票時代の交換はとても大変でした。

 

とりあえず徹明町までゆきます

その11に続く

 

名鉄美濃町線の思い出、編集中(その9)北一色ー競輪場前

野一色を出た電車は、道路の軌道上へ現れます。

 

f:id:hrksgai3:20180704134753j:plain

日中の続行運転は、先頭が徹明町行きになるため、新岐阜行きが黄色の印をつけませんが、510型の試運転のときは、新岐阜行きが先頭になります。

 

f:id:hrksgai3:20180704135226j:plain

下芥見から帰ってきた510型がタブレットを持ち、市ノ坪まで行きます。

 

f:id:hrksgai3:20180705203616j:plain

西側から見たところ

 

北一色(きたいしき)

 

f:id:hrksgai3:20180704135413j:plain

以前はここに交換設備がありました。が、2叉路の交差点の上なので、邪魔になり  野一色に移されました。駅建屋が右にありましたが、壊されて空き地になっていました。

 

f:id:hrksgai3:20180705203653j:plain

戦後の北一色付近 畑だけ。やがて建物ができます。区間運転も北一色までになります。