読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

秋田の思い出 (その2 同和鉱業 小坂線)

今日は 大舘から出ていた 同和鉱業小坂精錬)小坂鉄道線について、覚えのあることを書きます。貨物輸送がメインの路線でした。鷹の巣と大舘はそれほど離れていません。一度行こうと思っていて、出張のついでに行きました。

JRにはまだ客車列車が残っていました。ブルートレインに対してレッドトレインなどと呼ばれていました。

 

f:id:hrksgai3:20150330203634j:plain

蒸気暖房用のスチームが上がっています。

 

f:id:hrksgai3:20150330203916j:plain

小坂鉄道の大館駅は、JR大館駅の南側にありました。雪が積もっています。

 

f:id:hrksgai3:20150330204038j:plain

小坂鉄道線の時刻と券売機です。1日4-7往復でした。

 

f:id:hrksgai3:20150330204212j:plain

大館駅についたキハ2100。同和鉱業が作ったディーゼルカーです。

 

 

f:id:hrksgai3:20150330204504j:plain

大館駅を発車した列車です。なんと踏み切りが手動式。貨車の入れ替えが頻繁だったのか?寒いのにご苦労様です。

本当は乗りたかったのですが、帰りが心配だったのであきらめました。小坂線は濃硫酸を運んでいましたが、止めて廃線になったそうです。

同和鉱業は片上線もありましたが、今はこちらもありません。

続編はまだ続きますが、そのうち書きます。