読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブルートレインのエピソード

昔はネットなど無く、時刻表を手元において、駅に電話で(出張の)きっぷの予約をお願いができました。 「もしもし」「○○駅です」 「春日井です。切符の予約をお願いします。」 「列車は?」 「○月○日発 しらさぎ○号 名古屋-敦賀 ハザ2枚 つなぎ 敦賀-鷹ノ…

東海道本線の名古屋付近の貨物列車

あまり意識しませんでしたが、稲沢にはJR貨物の稲沢運転区があり、中部の中心拠点です。ここから名古屋まで通称 稲沢貨物線(実際は東海道本線)が併走していて、複々線となっています。ここを通る貨物列車が様々であります。 EF210が牽くコンテナ列車です。…

(移植)えちぜん鉄道 勝山左儀長祭り (2013-0306)

www.youtube.com www.youtube.com 「勝山左儀長祭りにあわせてテキ6を動かす」との知らせに、2/24勝山行きを決意。行きました。 福井には9時半過ぎに到着 乗車した9:56発勝山行き955K列車にはなんとMc2101型の2両が充てられていました。ラッキーです。…

名鉄美濃町線の思い出:編集中(その2、新関-美濃)

新関ー美濃間は1999年(平成9年)3月末に、最初に廃止された区間です。以前は徹明町や新岐阜から通しで運転されていましたが、お客が減ったのでしょう。590型が日中1時間おきに走っていました。しかし、朝晩は通しで走っていました。廃止の噂を聞…

名鉄美濃町線の思い出:(その1、解説)

この記事は編集中です。内容が随時変わりますのでよろしく。 (写真は引用を書いたものを除き、自分が撮影したものを使います) 私の父方の実家が岐阜市金園町(かなぞのちょう)というところにあって、お盆と正月はよく行きました。実家の前をいまはありませ…

名松線に乗ってきました

(お断り)このブログの映像、文章は自由に利用して頂いてもかまいません。が映像は下手ですし、文章も我見ですので、利用したことによる損害、利益に関して、作者はいっさい関知しません。ご了承ください。 2016年3月26日に名松線が復旧しました。 <土砂災害…

福井へ行ってきました(えちぜん鉄道、福井鉄道相互乗り入れなど)

3月27日(日)から福井鉄道の福井駅延伸と、田原町からえちぜん鉄道と福井鉄道の鷲塚針原駅までの路面区間の相互乗り入れが始まりました。 福井は祝賀ムードで、福井駅と田原町駅で祝典が開かれました。 来賓用の臨時電車 (完成したばかりのフクラム第3編成)…

三岐鉄道 その2 北勢線

新年明けましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。 三岐鉄道 北勢線について書きます。 北勢線は三岐鉄道が引き受けたナローゲージ(762mm)の鉄道です。最初は員弁川の砂利を桑名まで運ぶ目的でした。員弁街道沿いに敷設されたために…

鉄道ファンと安全について考える

鉄道を趣味にする人を鉄道ファンと定義しよう。 鉄道ファンの人口は年を追うごとに増えているように思う。定義が曖昧なので、正確な統計があるわけではないが、「○○鉄」と分類されるようになってきた。分類わけができるほどふえた感じがする。 私自身鉄道フ…

適当に東急線に乗りました

前回の東京編の続きです。 北千住から渋谷まで移動しましたが、どれを使ったのか思い出せません。千代田線と半蔵門線を乗り継いだか、東武線と半蔵門線を乗ったか? とにかく渋谷駅で下車して東急線の1日乗車券を購入しました。最後にこれをなくす事になるの…

都電荒川線に乗ってきました

久しぶりに荒川線に乗ってきました。 東京都交通局 荒川線は荒川区、北区、豊島区などを結ぶ路線です。町屋駅前でメトロ千代田線、熊野前でこれも都営の日暮里・舎人ライナー、王子駅前でメトロ南北線と、JR京浜東北線、新庚申塚で都営三田線、大塚駅前で…

金八先生のロケ地に行ってきました。

ドラマ「3年B組金八先生」の撮影場所だったところに少しだけ行ってきました。 東武鉄道 堀切駅で押上からの電車を降りました。 受験のときとか、よく登場する駅です。停車するのは普通のみ、半蔵門線から乗り入れる電車はほとんど通過していきます。 浅草方…

三岐鉄道について その1 三岐線

今回は三岐鉄道について記述します。 三岐鉄道は三岐線と北勢線の2路線を持っています。今回は三岐線です。 三岐鉄道は日本で最大規模の太平洋セメントが出資する鉄道です。 秩父鉄道も同様です。三井グループに属し、いわゆる近鉄系列の会社ではありません…

岐阜バスに乗ってきました2(+名鉄バス乗り継ぎ)

秋の行楽シーズンとなり、岐阜バスも1日乗車券が週末使える季節です。 日付は10月18日(日)毎日18日は谷汲山の命日で臨時バスが1日1本だけ運転されます。10月は日曜なので、名鉄岐阜駅にたくさんの人が並んで待っていました。(200人超える?) 電車のとき…

富山の路面電車

久しぶりに富山市へいってきました。高校生以来35年ぶり。 目的はほかにありましたが、「富山ライトレール」も乗ってきました。 家からは、車で3時間半。実は高岡市まではよく行ったことがありました。神通川を渡って富山市へ行ったのは初めてです。 ライ…

えちぜん鉄道の生い立ち (その4 えちぜん鉄道の誕生と再生)

1.えちぜん鉄道の誕生 京福電鉄福井支社は、いったん全線を廃止して、2002年(平成14年)県と沿線自治体が出資する第3セクターの会社えちぜん鉄道を作り、2003年(平成15年)資産を京福から引き継ぎました。加えて国交省からの「安全確保に関する事業改善命…

えちぜん鉄道の生い立ち(その3 京福電鉄の繁栄と衰退)

1.戦後の災禍と復興 福井市は空襲からいち早く復興しました。 しかし1948年(昭和23年)6月28日 丸岡を震源として福井大地震が起きました。 各地で断層が発生するほどの震源が浅い大規模な地震で、鉄道もほぼ全線、線路が歪む、鉄橋が落ちる。列車が脱線、…

えちぜん鉄道の生い立ち (その2 電鉄ネットワークの完成)

1.坂井平野の鉄道網の完成 越前電気鉄道の成功は他の町にも鉄道を建設することになります。1924年(大正14年)永平寺鉄道によって永平寺口-永平寺間が開業します。1929年(昭和4年)国鉄の金津-本丸岡-永平寺口が開通し、永平寺鉄道の全区間が開通しま…

えちぜん鉄道の生い立ち (その1 越前電気鉄道)

1.北陸本線の開業えちぜん鉄道の生い立ちは、北陸本線の歴史に関わってきます。明治時代、鉄道の必要性は旅客より貨物でした。鉄道が開通することで、それまで牛や馬を使ってきた陸上輸送が飛躍的に発展しました。 まず日本海側の海運を東海道側に運ぶ鶴賀…

福井へ行ってきました (その3 永平寺口駅改修)

帰りに永平寺口駅で降りました。 実は改築されたのを知らずに、電車からみて、あわてて降りました。 改築前の駅舎です。 これは京福電鉄時代の写真で当時は東古市といっていました。 京福電鉄時代の東古市駅のホームです。 右側が旧駅舎で当時永平寺線の乗り…

福井へ行ってきました (その2 勝山の散策)

次の日はえち鉄(えちぜん鉄道)で勝山まで行きました。 福井鉄道の200型が動いていました。 7000型で勝山まで乗車です。 勝山駅は大正時代の電気機関車 テキ6が保存されています(私もその保存会の1員です)がこれは、後日触れることにします。 自…

福井へ行ってきました(その1 田原駅乗り入れ工事と 福井鉄道レトラム)

今年も福井へ行ってきました。 お目当ては、福井鉄道のレトラム。ドイツから土佐電鉄を経て昨年からやってきました。昨年行ったときは、ちょうど当日故障発生のため運休。今度こそと思いやってきました。えちぜん鉄道福井駅で「えち鉄サポーター」の更新手続…

岐阜バスに乗ってきました

5月30日に岐阜バスに乗ってきました。 神奈川県など関東での導入例はありますが、中部以西では唯一の連接バスが走っています。土曜、休日に500円均一の1日乗車券が31日まで販売されていましたので、それを利用しました。 「あゆかちゃん」というキ…

リニモに乗りました

今回は「リニモ」について書きます。 リニモは、名古屋市営地下鉄東山線の藤が丘と、愛知環状鉄道の八草駅間8.9kmを結びます。10年前の2005年(平成17年)3月に開通し、愛知万博の輸送に活躍しました。 正式名称は「愛知高速交通 東部丘陵線」といいます。日…

秋田の思い出 (その4 南部縦貫鉄道)

秋田の思い出 最終回 南部縦貫鉄道です。 鉄道ファンには、有名な 元祖レールバスが走っていた鉄道です。 野辺地から七戸を結んでいました。 あまり乗り気ではありませんでしたが、友人から「ぜひ行ってきてほしい」といわれました。 今は青い森鉄道となった…

秋田の思い出(その3 津軽鉄道)

鷹の巣で出張の帰り、青森を回って東北本線周りで帰ったことがあります。もちろんローカル線を回りたかったのです。青森へ行く途中、五能線で五所川原まで行き、津軽鉄道に立ち寄りました。 五能線はいまは「リゾートしらかみ」ですが、当時から観光列車が走…

立ち食いきしめんについて

最近ネタがないので、名古屋駅の立ち食いきしめん(駅そば)について書きます。 JR名古屋駅にはホームごとに立ち食いきしめんスタンドがあります。 1,2番線(東海道線上り、)5、6番線(下り)7,8番線(中央線)のホーム中央と南端とホームごとに…

名古屋の基幹バス

今回は名古屋市を走る基幹バスについて書きます。 基幹バスは英語で Key Route Bus と呼んでいます。(本当にそういうバスがあるかは知りませんが)都市の基幹部分を走るバスのことです。本数が地下鉄並みに多く、停留所の間隔が800m-1kmと普通の路…

秋田の思い出 (その2 同和鉱業 小坂線)

今日は 大舘から出ていた 同和鉱業(小坂精錬)小坂鉄道線について、覚えのあることを書きます。貨物輸送がメインの路線でした。鷹の巣と大舘はそれほど離れていません。一度行こうと思っていて、出張のついでに行きました。 JRにはまだ客車列車が残っていま…

秋田の思い出 (その1 秋田内陸縦貫鉄道)

わたしがSEの仕事をしていたとき、各地に出張していました。 行くとたいてい10-14日は滞在することになります。鷹の巣はいちばん北の地でした。秋田県でもかなり北部です。今から20年以上前。飛行機もありましたが、空港からかなり遠く、移動はもっぱ…

少しだけ 天浜線

勤務先の用事で、新所原の近くまで車で行きました。 東名の三ケ日インターから浜名湖沿いを走りました。景色がいいです。 途中で昼になり、コンビニで買った弁当を食べました。 天浜線(天竜浜名湖鉄道線)もちょっとだけ撮りました。 尾奈駅です 天浜線の駅…

さよなら近鉄内部・八王子線

このブログは風邪引き鉄のブログ の続編です。 2015年4月1日から、「四日市あすなろう鉄道」に移管が決まった近鉄内部、八王寺線のことを書こうと思います。近鉄で唯一の線路幅(ゲージ)2フィート6インチ(762mm)、特殊軌道、軽便鉄道、あるいはナローゲージ…